2010年03月18日

今日はやっと一日暇になりました

お陰さまで、露の五郎兵衛一周忌追善公演が無事に終わりました。
来ていただいた、今まで落語会が殆ど言うお客様はとても喜んでくださいました。

中には「にわかがこんなこんな面白いと思わなかった」とか「ほんとの漫才を久しぶりに見せてもろた」とか「浪曲がこんなに楽しいとはおもわなんだ」とかのお言葉を頂きましたちっ(怒った顔)

前にも書かせて頂きましたが、大阪に寄席らしい寄席が無くなった今は貴重な存在になったと思いました。

丁度この寄席の担当のYさんが、四月から東京へ転勤なさいます。
本当に永い間、この寄席が認知されるようになるまでご苦労様でした。
その方が最後に五郎兵衛の遺影に向かって涙を流してくださっていました、私も感激してもうやだ〜(悲しい顔)を流しました。

国立の方、国家公務員の方でもこんな方が居られるのだと改めて人間の暖かさを立花家千橘{露のの筆頭弟子}と二人でかみ締めておりました。
お疲れ様でした、本当にご苦労様でしたとお礼を申し上げます。
posted by EMI at 16:31| Comment(3) | おかみさんだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

上方演芸特選会

3月7日から国立文楽劇場小ホールで始まりました。
露の五郎兵衛一周忌追善公演お陰さまで、連日大入りで補助席が出ておりますハートたち(複数ハート)

今日は貸切公演ですが後一日あります。この会は五郎兵衛が言い出し人で、最初は国立演芸場を東京のように立てたいと言う思いだったのですが、文楽劇場が既にあるからと言うことで、却下されました。

それでも引き下がらない五郎兵衛でした、なんとか大阪にいい寄席演芸場を作りたいと言う思いで、食い下がったようですちっ(怒った顔)

当初は皆様に知られなく入りも悪かったので、国立の方も大変だったようです。
お陰さまで最近は大入りも出る様になりましたと、喜んで居られますわーい(嬉しい顔)

大阪に本格的な寄席(落語の定席は出来ましたが)所謂寄席演芸場が無くなりつつある現今では貴重な存在になっているようです。

大阪らしい浪曲も漫才も奇術もあるそんな寄席を五郎兵衛は望んでいたようです。

五郎兵衛亡き後こうして皆様に喜んでいただけると言う事は、こんな嬉しい事はございません。

関係者の皆様、出演者の皆様有難うございます、心より御礼申し上げます。
posted by EMI at 09:43| Comment(0) | おかみさんだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

コメント欄のカウント数について

時々、母が「コメントが消えた」とか「コメントを承認したのに反映されない」とか言って大騒ぎをしますふらふら
実は、これは【コメント欄のカウント数】の反応が悪い事に起因するのだと言う事が判明しました。
実際コメント欄を見ると、ちゃんとコメントは入っているのに、カウントが(0)のままだったり、5つ入っているのに(2)とかのままだったりすることが時々あります。
コメントを書き込んでくださった方は、お手数ですが、カウント数だけで判断せず、コメント欄を開いてみたください。
母がお返事を書いている場合があります。
パソコンに不慣れな母が、書くつたない日記ですが、今後ともどうぞよろしくお付き合いのほど、お願い申し上げますm(__)m

byきょうふみ(管理人2)
posted by EMI at 20:54| Comment(1) | おかみさんだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日から嬉しい事ばかり

最近は書く事が多くて、頭が追いつきませんふらふら

3月5日五郎兵衛の誕生日でした。
団姫ちゃんが先ず師匠の大好きだった、苺のショートケーキを持ってきてくれました、五郎兵衛にはまた甘いものに目の無かった師匠にと言って、キャンデイの詰め合わせを持ってきてくれました有難う。
次に団六君が電話を掛けてきてくれて「師匠が居てまへんけど、今日は誕生日でんなぁ」と言って懐かしんでお喋りをしてくれました、有難う。
師匠の誕生日を覚えてくれた事だけでも嬉しかったのに、そのあとききょうに送られてきた『上方落語家名鑑』を断って先にチョット読ませてもらいました。
そこに書いてある弟子のコメントを見て又嬉しくて、ポロポロもうやだ〜(悲しい顔)
でした。私もしんどいと思っていたこともありましたが、これは悔い改めなければいけないと思いました。有難うわーい(嬉しい顔)

この本は、繁昌亭にも有りますし、一般書店にもあると思います、落語好きの方是非お読み下さい。

[上方落語家名鑑] 出版 文化社 ¥1905(税別)です。

続きは又書かせていただきます。
posted by EMI at 19:35| Comment(0) | おかみさんだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

歌声喫茶

先日、地元の公民館行事で歌声喫茶に参加しませんかと言うのがありまして、行ってきました。

こういう地元の行事は今まで、主人が病気がち、その前は仕事が忙しくて余り参加できませんでしたので、これからは出来るだけ参加しようと思っております。

歌声喫茶はとても楽しかったです、講師の先生もお話が上手ですし、驚いたのは参加者の多いことでしたドコモポイント
私は申し込み方が判らないので当日参加でした、本当は定員一杯だったのですが、当日不参加の方があったので入れてもらうことが出来ました。

二時間歌いたくりました、昔定時制高校の頃、先生がヴォルガコーラスと言うサークルに連れて行ってくださり、ロシア民謡を少しやっていたのでそんなのかなぁと思ってましたら、童謡、唱歌が殆どでしたが二曲ほど知らないのが有りましたが後は全部歌えました。

夜は都はるみさんのコンサートへ行きましたが掛け声が良く出ました、これは昼歌を歌ったせいだと思いこれから家で仕事をするときも歌を歌いながらしようと思いましたわーい(嬉しい顔)
posted by EMI at 12:21| Comment(4) | おかみさんだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

あみだ池寄席有難うございました。

吉次君が主任になってはじめての会でしたが、思ったより大勢お越し頂きまして有難うございました。

一回目よりお越しのお客様からみれば、減ってはいるでしょうけれど五郎兵衛が亡くなってあれだけお越しいただければ上出来だと思います。

今までの一門会的な雰囲気が取れて帰って面白いと思います。
吉次君の『たこ坊主』良かったです、五郎兵衛が得意としていたネタですし、昨年の十一月はこれも『中村仲蔵』これも五郎兵衛の好きなネタでしたわーい(嬉しい顔)
「夢でもいいから持ちたいものは、金の成る木と良い女房」好きなセリフでした、懐かしいです。

これからも大ネタに挑戦する吉次君を皆様応援してやってくださいますようお願い申し上げます。
posted by EMI at 16:52| Comment(7) | おかみさんだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

私は幸せものです

17日東京へ行ってきました。
友人にいただいていた絵をお返しする序に、弟のライブを聞きに行きました。
友人とも2時間ぐらい甘味処でお喋りをして楽しんだ後、一路浅草へGOexclamation×2

弟、楠堂浩己はジャズドラマーです。
その弟がライブハウスの前にホテルを取ってくれました。
「姉ちゃん孝行やから遠慮せずに泊まって」と言うことで、感謝して泊まらせていただく事にしましたもうやだ〜(悲しい顔)
チエックインしてすぐ浅草の仲見世から商店街へ出て、孫(ききょうの子供)と約束していた小紋柄のハンカチを買いに行きましたが、思う色があったのでホッ。
折り返し《蛇骨の湯》へダッシュ(走り出すさま)ライブハウス『ハブ』の裏手にある銭湯で、奇麗にリニュアールされてとても気持ちが良かったです。
東京へ行くといつもここのお風呂が楽しみです、江戸の下町の味が味わえますいい気分(温泉)
でも先日は外国人の方が3組ほど来ていましたドコモポイント

その後一服してライブへ。
私が来るからと、ファンの方に話していてくれたらしく、大勢のファンの方が来てくださりとても嬉しく楽しかったです。
浩己のやっているジャズはデキシーランドジャズと言って、とても楽しいジャズです。ハッピーな気分になれるのでするんるんわーい(嬉しい顔)
その上、ふぁんの方が私を快く迎えてくださって、嬉しくてもうやだ〜(悲しい顔)です。姉弟でもこんなにしてくれると嬉しくて、「弟も良くここまでやってくれたな」と言う感慨で胸が一杯になりました。
浩ちゃん有難う。私は本当に幸せ者ですハートたち(複数ハート)
posted by EMI at 18:13| Comment(0) | おかみさんだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

忙しくて忙しくて

本当にどうしてこんなに忙しいのでしょうかふらふら
主人が亡くなってもこんなに忙しいとは、大体がじっとしていられない性格ではありますが。

一月はお芝居を観に行くので忙しかったのですが、その他の新年会、新春茶話会、色々と書くことはあるのですが何かに追われているようなそんな気持ちです。

先日娘のブログを見て、結婚記念日の事を思い出しました。

『立春華燭に灯をともしました』扇子のデザインにそんな言葉を書いてご案内状にしておりました。
結婚式はごくささやかでしたが、楽しいものでした。
米朝師匠、春団治師匠ガ出席してくださり嬉しかったです。
昨年までは結婚記念日になると、主人が「有難う」といつも言ってくれてました、今年は天国から言ってくれていると思いますハートたち(複数ハート)

そんなことを当日の朝まで思っていたのですが、夜になると忘れておりましたわーい(嬉しい顔)
さぁ今月は確定申告の時期です、また頑張らなくてはと思っております。

来月は、五郎兵衛の追善興行や、追善落語会があるし何にしても忙しくさせていただいております感謝です。



posted by EMI at 09:37| Comment(6) | おかみさんだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

一年振りで歌舞伎を観に行きました

昨年一月の初春歌舞伎を五郎兵衛と娘ききょうと観に行きました。
その時も久しぶりででしたが、とても楽しく、「矢張り歌舞伎はいいねぇ」と言って、二月も(市川亀次郎さんが出るし)観に行こうと、ききょうにチケットを取ってもらっていたのですが、残念ながら二月七日に五郎兵衛が階段から落ち、行けなくなりましたもうやだ〜(悲しい顔)
これが引き金で三月三十日に亡くなったのですが、それまでは大好きな歌舞伎も中々観に行く気力がなかったのに、この一月は二月も行こうと言うくらい元気だったのにと思うと本当に残念でしたもうやだ〜(悲しい顔)

そんなことを思いながら歌舞伎を観ていました、出し物は忠臣蔵の通しでした。
落語、俄に良く演じられるのでセリフは殆ど腹に入っているし、年表を見ていたらかなり良く観ていました。

昭和52年だと思いますが東西で「忠臣蔵」をやった時は五郎兵衛が東京のは仕事の都合で行けないからと、私が夜行バスで観に行きましたドコモポイント体力が有ったのですね(いえお金も無かったから)
なぜ私が代理で行ったかと言いますと、番付が欲しいと言うことにかこつけて「私が行って買って来て上げるわ」と言って行かして貰ったのです。今なら松竹座の書籍売り場に有るでしょうに、高くついた番付でした。
東京の歌舞伎座は二等だったのですが、とても良い席でラッキーでしたわーい(嬉しい顔)
東京は後ろの通路の後は二等でしたその一番前の花道の真横でした。
今の松竹座、南座は一階は殆ど一等ですからね。
東京も今度建て変わったらどうなりますかねexclamation&question

良く知っている『忠臣蔵』なので五郎兵衛が居たらどんなに喜んだであろうと思うともうやだ〜(悲しい顔)が止まりませんでした。
筋書きと関係なく五郎兵衛のセリフと重なって泣く所で無いのに鼻水を啜るので、ききょうに喧しかったと笑われましたドコモポイント

ともあれ良かったです、思っても居なかった方がとても良かったので又お芝居の見方が変わりそうでした、幸せ幸せわーい(嬉しい顔)
posted by EMI at 00:20| Comment(2) | おかみさんだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

久しぶりに

昨日は久しぶりに、娘のききょうの証しと、福音落語のお招きに岐阜まで着いていきました。

このご依頼は、五郎兵衛の証しを四年前位に名古屋で聞いたという方が、五郎兵衛が亡くなった事をご存じなくてこのブログに五郎兵衛師匠に来て頂けないかと言うことでした。

残念ながら亡くなっておりますので、娘のききょうが父の遺志を継いでやっておりますと言う事で、行かせて頂いたのです。

牧師先生もとても愉快な方でした、教会員の方々も良い方ばかりで、お陰さまでききょうも大変喜ばれてご奉仕出来た事を感謝しておりました、有難うございました感謝致しますわーい(嬉しい顔)

久しぶりに付き人になったような気で少し緊張しましたが、やはり私は仕事が好きなんだと実感しましたドコモポイント

帰りはききょうの車(RV)で名神を飛ばして大阪迄帰ってきました。
ききょうは日本橋でお芝居の稽古へexclamation×2
posted by EMI at 11:30| Comment(0) | おかみさんだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

明けましておめでとうございます。

昨年五郎兵衛の召天に際しまして大変お世話になりまして有難うございました。
早くご挨拶をと思いながら、遅くなりました事お詫び申し上げます。

私も昨年はあっという間の年でした、一昨日娘たち家族が帰って行き、又一人の生活が始まりますが、この一月は非常に忙しく何からどうしょうかとまだ予定が立ちませんドコモ提供うろうろとしております、頑張ってこなして行こうと思っております時計

本年もよろしくご指導の程お願い申し上げます。
posted by EMI at 13:09| Comment(7) | おかみさんだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

少し落ち着きました。

イベントお芝居が無事に終わり、少しほっとしましたわーい(嬉しい顔)
いいお芝居でした、お稽古の間ももうやだ〜(悲しい顔)続けでした。
来ていただきました皆様本当に有難うございました。
お陰さまで演出家の方にもどうやら恥をかかせずに済んだようですふらふら

何せ72歳の初舞台ですから、当人もどうなる事かととても心配でしたが出演者の皆様に助けられて本当に楽しく、お稽古も含めて2ヶ月間楽しく過ごさせていただきました。

劇団摂河泉の皆様には色々と、助けていただきそして感心ばかりしておりました。
良く動かれるし、稽古のお休みの方の代稽古はするし、私のセリフ合わせはして下さるしで、本当に感心するばかりでした。

ベテラン陣は、発声が凄くて少し怖気づきましたが、でも精一杯やらせて頂きました。

お化粧も萬子姉さんや、あや姉に教えて頂いたり手伝っていただいたりで、これも上手くいきました。
娘のききょうも舞台稽古には駆けつけてくれて色々とアドバイスをして貰いました。
これもお陰で動作がかなり落ち着いてやれましたふらふら矢張り餅は
餅やだなと、改めておうた子に教えられました。

ともあれ来て頂いたお客様の皆様、こんな私を保護者の目で見ていただいたことと思いますが、本当に有難うございましたわーい(嬉しい顔)

もうこんな機会は無いと思いますが、でもあれば出てみたいなと厚かましく考えております。

まだ疲れが完璧に取れていないようですが、心地よい疲れを味わっている毎日です無料
posted by EMI at 18:50| Comment(0) | おかみさんだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

文楽って素晴らしい

久しく日記を書かなかったのですが、毎日稽古と雑用に追われて余り目新しい事が無かったのですが。
今日は久しぶりに、文楽を観に行きました。
「芦屋道満大内鑑」でした、最初からもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)で折角していったマスカラが取れているのが判りませんで、その上泣く所と違う所で泣いているので周りの人は、キット不思議に思われたと思います。

今回何に感動したかと言いますと、弟子と師匠の関係なのです、吉田文雀師匠と吉田和生さんなんです。昔五郎兵衛が関西で初めて文楽と落語のジョイントを西宮でやったのです、もう30年前くらいでしょうか和生さんがまだお若い頃でした、その方が今や師匠と対等の役をやられるので嬉しくて嬉しくてつい涙が出るのです。
文雀師匠の所へ伺って「師匠和生さんがご立派になられて良かったですね」と申し上げたら師匠は嬉しそうに「この人が良くやってくれますので」と嬉しそうに仰ってました、それをお聞きしてまたもうやだ〜(悲しい顔)でした。

その後、英大夫師匠の所へお尋ねしたら又感激、もうこれから出番と言うのにお稽古をなさっているとかexclamation&questionと不思議そうにしていましたら、お弟子さんの呂茂大夫さんと希大夫さんが、もう12月のお稽古をなさっていると教えて下さいました。
又感激、こんな立派な方でも今からお稽古をなさるのだから私如き新米は二ヶ月前からしても足りないくらいだと思って、文楽を拝見いたしました。

その上英大夫師匠が、今回の私が出演させて頂くお芝居『文楽』はとても素晴らしい感激しましたと言ってお褒め下さいました。

嬉しくて稽古場に向かいましたわーい(嬉しい顔)
posted by EMI at 22:40| Comment(2) | おかみさんだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

お陰さまで

富田ジョイント寄席

五郎兵衛追悼公演 11月3日《祝》
    五郎兵衛一門会

無事に終わりました、大勢のお客様にご記帳頂きまして感謝致しております。有難うございましたわーい(嬉しい顔)
弟子達もそれぞれ懸命に勤めてくれました、有難うもうやだ〜(悲しい顔)
打上げは師匠の大好きだった、総持寺の「貞寿庵」で主催者の方がやって頂きました。そこの額に五郎兵衛が美味しそうにお蕎麦を食べている写真がはって有りまして、私達は感激しました。

色んな思い出話をして頂いて、久しぶりに涙を流しました、とはいっても私はシェーグレンと言う病があって泣いても涙が流れませんがもうやだ〜(悲しい顔)
posted by EMI at 17:39| Comment(0) | おかみさんだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

米朝師匠おめでとうございます

昨日のニュースで、桂米朝師匠が文化勲章を受章なさった事を知りましたハートたち(複数ハート)
おめでとうございます。落語家としては初の事だそうです。
本当に嬉しい事です、主人が生きていたらキットもっと喜んだと思います。

健康に気をつけられて、ゆっくりと生きて頂きたいと思います。

posted by EMI at 11:16| Comment(1) | おかみさんだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

毎日何かに追われて

昔からいそがしいのが趣味のような私でした。
一人になったら《主人が亡くなったらと言う意味ではありません》
ゆっくりと旅をしたり、好きな事をしようと思っていたのに、未だにバタバタしています。好きな事もしたり旅行も行ったりしています。

このバタバタの中で好きな事をやるのがどうも私の性質のようですわーい(嬉しい顔)

やっとそれに気がつきました、こうして私は一生過ごすのかなと思いながら毎日走り回っております、そのためには元気でいなくっちゃあ手(グー)
と思って健康には気をつけようと思っていますが、どうもこの頃少し食べ過ぎのようです。レストランガとても美味しいので、と、反省しきりの今日この頃です。
posted by EMI at 12:30| Comment(1) | おかみさんだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

寸借詐欺

金曜日の事です。

駅前の郵便局の前で、「もしやお宅新月新月さんと違いますかexclamation&question」チョット変な名前の呼ばれ方をした人に呼び止められました。

「うーん」何だかおかしいな。
その人「私会館に居たI上です」何処の会館かは言わない。
見覚えの無い人、愛想よく「お元気ですか」私「はぁ元気ですけど」大概ここで主人のことを言うはずなのに言わない、おかしいなと思ってたら「いつもはお宅の前を車で通るのですが、今日は電車で買い物に来ましたら財布を忘れてきましたんで今から宝塚迄取りに帰りますねん」ふうーんなんかおかしいなexclamation&question
と思っていたら、おいでたなです。
「奥さん三千円ほど持ってはりませんか、チョット貸して欲しいんですけど」その時すぐに寸借やなと思ったらよかったのですが、あつかましい人やなぁぐらいにしか思わなかった鈍感やなぁ、私は歯科へ行く所だったので
「これから歯医者へ行くから何ぼ居るかわかりませんのでそんなお金有りません」と言って断りましたふらふら
考えたらそんな事を言わずに「お金なんか持ってません」と言えばよかったなと思いました。
歯医者へ行くなんぞと言ったら沢山持ってると思って、襲われたら大変ですものね、人通りの多い所だから良かったですが。今後は気をつけようと思ってます。

とっさには中々上手く言えない物ですね、こんな風采の上がらない婆さんに声をかけてくる方も方ですが。
後で考えたらゾッとしました、気をつけようふらふら




posted by EMI at 14:23| Comment(4) | おかみさんだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

初披講

皆様、川柳をおやりになっておられる方はお分かりと思いますが、川柳の句会で投句された方の川柳を選をして会員の皆様方の前で読み上げることを披講と言います。

ななんとどんっ(衝撃)このお役目を私が仰せつかりました、自分の句もまともに出来ない私がですよふらふら
こりゃ又大変お断りしたのですが、今日はコマーシャルを言わなければならないのです。
弟子さん達が皆仕事やら、何やらで欠席なものですから私が喋らなければならないのでそのついでにと言うことですって。

ま、お陰さまで最初にコマーシャルをやったお陰で披講は上手くいきました、先生方も初めてにしてはまぁまぁだと言って下さいました。

わーい(嬉しい顔)やれやれ。
posted by EMI at 23:14| Comment(0) | おかみさんだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

稽古に励んでいます

皆様台風はいかがでしたか。

西宮は凄い風で、我が家はすだれは飛ぶしで大変でした、丁度この日もお稽古でしたがお陰さまで、早く帰ってきましたので私自身はたいして雨にも会わず帰られたのですが。
夜半からが大変で中々寝付かれませんでした。
朝になったら猫の額ほどの庭でもえらいことになっていましたが、私はこの日お約束があって早く出かけなければならないのでザット片付けて出かけました。

夜は又お稽古、だんだん難しくなってきますが昨日、ベテランの紅さんに自然体でやったらよいとアドバイスを貰いましたが、中々そうは行きませんが何だか少し分かるような気になってきました手(グー)頑張るぞふらふら

今日は歯病院まだ入れ歯を入れて頂けません、お芝居までには先生ちゃんと入れてくださいとお願いしております。
posted by EMI at 17:46| Comment(2) | おかみさんだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

さぁーおしばいの稽古が始まるぞー

10月1日
今日が芝居の稽古始です、何と難しい事か荒立ちと言って私の出番の所の動きを付けてくださるのですが、動き出したら「セリフ」が言えない
もうやだ〜(悲しい顔)

もう汗びっしょりです、何せ廻りはベテランの俳優さんばかり、読み合わせのときもそう思ったのですが声が違います。
凄いのです《ピーン》と響く声でこの声を聞いているだけでも身震いがします。
でもこんな事に恐れていては、いけないと思い私も一生懸命がく〜(落胆した顔)頑張ります。

10月5日
2回目のお稽古で殆どの方が出席、私も違う場面でしたが、他の場面が大変なので、私の方はサッとやって、と言うのがその場面は相手の方が又大ベテランの方ですから私を引っ張ってくださるので早かったのですわーい(嬉しい顔)感謝です。

後は最後まで勉強させていただきました。有難うございました。

外は雨でした。

img021a.jpg  img020a.jpg

お芝居のチラシです。
posted by EMI at 07:49| Comment(0) | おかみさんだより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。