2012年12月08日

CD『生涯未完成』

もう新聞その他でご存知の方もいらっしゃると思いますが、この度、五郎兵衛のCD『生涯未完成』を、自主制作いたしました。

CD『生涯未完成』.jpg


このCDには、過去に出たCDには未収録の作品で、昭和50年録音の滑稽噺「皿屋敷」と、遺作となった、平成18年録音の創作人情噺「蘇生の息子」の2本が収録されています。
「皿屋敷」は脂が乗り切っている頃の録音で出囃子もまだ「かじや」、解説を書いてくださった豊竹英大夫さんをして「絶品」と言わしめたものです。
「蘇生の息子」は、やり始めた初期のものなので、まだ発展途上にあった作品ですが、五郎兵衛が自分で創作した最初で最後の福音落語(神方人情噺)です。福音落語と言っても、知らずに聞けば普通の人情噺で、晩年のじっくりした語り口の噺です。

定価1500円(送料1枚200円)です。
お申し込みは、五郎兵衛事務所(TEL 090-3269-9627)へどうぞexclamation×2

因みに、取扱店は今のところ2店舗だけで、大阪・日本橋のレコード店〔大十〕さん(TEL 06-6633-3864)と、ゴスペルショップ〔オアシス梅田店〕さん(TEL 06-6344-3948)です。
posted by EMI at 23:54| Comment(2) | CD・DVD・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

読売テレビ開局45周年記念 平成紅梅亭特選落語会 上方落語の真髄大御所の会

大御所の会.jpg

出版社、発売元
読売テレビ/ポニーキャニオン
金額、その他
4200円
詳細
出演:(出演順)
林家染丸「豊竹屋」、笑福亭松之助「寄合酒」、桂米朝「抜け雀」
≪口上≫全員
露の五郎「浮世床」、桂春団治「代書屋」、桂文枝「天神山」

PCBG-10636

posted by EMI at 17:38| Comment(0) | CD・DVD・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五郎は生涯未完成―芸と病気とイエス様

mikansei.jpg

出版社、発売元
マナブックス(いのちのことば社)
金額、その他
1200円+税
詳細
上方落語協会の前会長、誇り高い大師匠が半生を語る。幼少時代の戦争体験から長い芸の道。大きな事故や病気で何回も命拾いする。帰り新参として一から出直した時も持ち前の「なにくそ負けるもんか」という思いでがんばった。上方落語協会の会長も務めた著者は、自分の人生を導いた背後にイエスさまがいたことを知る。涙と笑いの中に素直にぬくもりを持って語られる信仰告白であり、見事な福音人情噺となった。日本の伝統芸と福音との自然な融和に好感が持てる好著であり、またプレゼントにも最適の感動の1冊。
(いのちのことば社Webサイトより)
ISBN4-264-02349-1




なお、初版本文中に、間違いがありました。
90頁 6行目 誤⇒桂小染
         正⇒林家小染
お詫びして、訂正いたします。
故小染さんご本人の印象が強すぎて、校正で気付かずに読み過ごしていたようで、大変失礼いたしました。
第2版ではすでに修正済みです。

posted by EMI at 17:35| Comment(0) | CD・DVD・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

ビクター落語 二代目 露の五郎(CD)

ビクター落語 二代目 露の五郎.jpg

出版社、発売元
ビクター伝統文化振興財団
金額、その他
各1500円(消費税別)
詳細
@夢八(1979年11月22日大阪厚生年金会館中ホール)、
 西遊記(1973年1月23日大阪厚生年金会館中ホール)、
 鉄拐(1970年11月20日日立ホール)

A堤灯屋(1976年5月21日大阪厚生年金会館中ホール)、
 宗悦殺し(1981年7月23日大阪厚生年金会館中ホール)、
 近江屋丁稚(1991年8月18日収録広島県安佐町農協町民センター)

B大丸屋騒動(1973年4月26日大阪厚生年金会館中ホール)、
 雪の子守唄(1986年1月29日大阪厚生年金会館中ホール)

  
posted by EMI at 00:00| Comment(0) | CD・DVD・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おかげさんで―落語家・露の五郎とともに―

明田川紗英・著

出版社、発売元
東方出版
金額、その他
1365円
詳細
露の五郎のおかみさんの半生記。
若い時の勤め先のことなど、まだ昭和初期に昔の修行をした商人も多かった頃、そこのお店でのエピソードや、当時の物価、定時制高校の雰囲気など貴重な記録の数々。
苦しかったこと、辛かったこと、みな淡々とユーモラスに書かれている。

posted by EMI at 00:00| Comment(0) | CD・DVD・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

なにわ歳時記

出版社、発売元
東方出版
金額、その他
1600円
詳細
季節の行事や風俗について、歴史上の人物の話から食べ物、ちょっと面白い話、落語にまつわるこんな話、あんな話。(付、兵庫の話)

posted by EMI at 00:00| Comment(0) | CD・DVD・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つゆの艶ばなし

出版社、発売元
東方出版
金額、その他
1500円
詳細
古典から新作まで、艶笑小咄の宝庫。

posted by EMI at 00:00| Comment(0) | CD・DVD・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上方落語のはなし

出版社、発売元
朝日新聞社
金額、その他
1600円
詳細
落語を知らない方でも面白く読める上方芸人たちの物語。時代の中に生きてきた落語家や芸人たちの生き様を独特の語り口でわかりやすく描きます。
※絶版


posted by EMI at 00:00| Comment(0) | CD・DVD・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

五郎は生涯未完成―芸と病気とイエス様

mikansei.jpg

 待望の父「露の五郎」の半生記。
読んだ夫が「すらすら読めちゃう本だね」と一言。比較的読みやすい文体だし、内容的にもさらりと読める。
一芸人「露の五郎」の人生を語っている部分がほとんどで、フンフンと読んでいるうちに、結局イエス・キリストにたどり着く。
 今まで父は何冊か本を書いてきたけれどもここまで個人的な内容について触れたものはなかった。
写真も、今までの本には使用されていない、父の若いころの写真もふんだんに盛り込まれていて、ちょっと面白い本になったのではないかと思うし、いのちのことば社、としても今までにないタイプの本ではないだろうか。(わたしの赤ちゃんのころの写真も載っていたりする)
 最後に信仰を持った話になっているけれど、かと言ってものすごく宗教的な押し付けがましさはないし、また、体験談としても、確かに不思議に守られ生かされてきた話、死の淵まで行った話などを書いていながら、それほど神がかり的、神秘的な宗教体験という感じはしない、とわたし自身は思う。
これなら、広く色んな人に読んでいただけるのではないだろうか。
この本では、直接的に福音は語られていない。読んだ人が「へえ〜露の五郎、ってクリスチャンになったんか〜。教会てどんなとこやろ。自分も機会があったら1回ぐらいいってみてもええかな」とでも思ってくれればそれでこの本の目的は達成された、と言ってよいだろう。勿論、もう一歩進んで「神様ってやっぱりいてはるんやな。すごいな」と思ってもらえれば、万々歳だ。
 この本だけで、誰かが信仰に導かれるということはないだろう。この本は聖書でもないし、信仰の解説書でもない。
ただ、1人の人間が、70年かけてイエス・キリストに出会った、それだけの話だ。でも、そこに案外、人の心に語りかけるものがあるような気がする。


五郎は生涯未完成―芸と病気とイエス様
露の五郎 著
発行:マナブックス
発売:いのちのことば社
ISBN4-264-02349-1
定価:1200円+税

※一般書店では取り寄せになると思いますが、一般書店からも購入していただけると嬉しいです。
 また、是非図書館などでも注文してください。よろしくお願いいたします。

菅原早樹・記

posted by EMI at 00:00| Comment(0) | CD・DVD・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。