2014年01月21日

おかげさんで

やっと通常の日記に戻ってきました。一昨年よりパソコンの調子が悪くついにダメになり今年娘に夫婦にお願いして買い換えてもらいました、ワープロももうダメになりそうだしということで買い換えました。
前のとはちょっと操作が違うのでナカナカ思うように書けません、もう少しご辛抱くださいませふらふら

19日久振りに「あみだ池寄席」へリボンお手伝いに行ってきました。
やはり寄せのお手伝いは嬉しいものですね、なんだか生き生きします。それも嬉しいことに吉次君の初独演会で、和光寺さんの本堂でやらせていただけるということでした。君がづっと引き継いでやってくれているおかげと感謝しております。
和光寺さんというのは格の高いお寺で普通では使わせていただけないのですが、五郎兵衛一門にはお許しが出て三ヶ月に一度大広間を使用させていただいているのですが、この度吉次君の初独演会ということで庵主さんの肝いりでやらせて頂くことになったそうです。
五郎兵衛亡きあと、吉次君がずっと引き継いでやってくれていたお陰と感謝いたしております。
posted by EMI at 11:36| Comment(1) | おかげさんで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

入院記録 bS

いよいよリハビリが始まりました、お陰さまでこちらもいい先生に出会えました。
女医さんでY.H先生、助手の方は研修生でやはり若い女性N.Hさん先生の手は「神の手」のようでした。助手のHさんは熱心に訓練をしてくださるし私は本当に恵まれていると、感謝しておりました。
このリハビリを通じて思ったことは、いかにリハビリが大事かということでこれによって自分で立てるようになり、歩けるようになるのですものね。嬉しかったです有難うございました。
そんなこんなで入院生活もまぁまぁ普通どうりに行けまして、退院の日を迎えることができました。
今回はお見舞いはお断りしてましたのでたくさんの方ではなかったのですが、来てくださった方々ありがとうございました。お喋りができて楽しかったです。
膝の痛みは取れましたがやはり異物が入っているせいか、まだ歩くのは本調子ではないのですが何とか歩けますこれもありがたいことやと思っております。
またなにかの機会に中おもったことはかこうとおもっております、あれもこれもと思っていましたがさて書こうとなると書けないものですね、文才の無さを嘆いております。
posted by EMI at 10:29| Comment(4) | おかげさんで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

入院記録 bR

10月21日、いよいよ手術当日です。
朝一番の手術なので楽でした、麻酔も無事いつのまにか天国へ行ったような気分で気がついたら元の病室。
傷も大して痛くなく、娘は「お母さん顔色もいいよ」と言ってくれて、ただ麻酔の余波で多少気だるい感じがしましたが。
目が覚めてしばらくして、りんごジュースを一口飲みました。これは美味しかったですが夜の食事はさすが食べられなかったです。
後に手術なさった方が手術の日の夕食を召し上がっているのを見て、自分は元気だと思っていたのですがもっと元気な方がおられるのだと尊敬しました。
今回の入院に関しては友人のM・Iさんが病院から先生の紹介までして下さり、その上忙しい娘たちにあまり迷惑をかけないようにといろんな世話を焼いてくださいました大感謝です,ありがとうございました。
娘達も仕事を持っているし助かると言って甘えることにしました、そうは言ってもあれを持ってきてくれこれを持ってきてくれと結構足を運ばせましたが。
posted by EMI at 07:42| Comment(1) | おかげさんで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

入院記録bQ

いざ入院、10月18日子供の頃通っていた病院で戦時中の暗いイメージがなくて綺麗になった病院なのでなんとなくワクワクしました。

部屋も明るくいい感じ、お向かいのベットの方が両膝手術なさった方で色々と教えて下さり助かりました。
夕方主治医から手術の説明がありあり、娘が付き添ってくれましてしっかりと聞いてくれているので私はのんびりと聞いていました。

手術は21日なので二日ほどはのんびりとホテルにいるような気分でした。
posted by EMI at 10:15| Comment(0) | おかげさんで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

入院記録

6月27日やっとS病院の診察日、友人に紹介されたO先生わたしごのみの素敵な先生「(((o(*゚▽゚*)o)))」お話も楽しく「膝の軟骨が磨り減っていたいのですよ」軽く仰るのです。
膝関節の置換えをすれば20年は元気に歩けるとか、「よっしゃやってやろう」そう決めました。
20年でなくても生きている限りは元気で少しでも人の役に立てればと思いました、先生にその意思をすぐお話しました。
すぐ入院、手術、退院の日が決まりました、私は何時でもそうなんですが決まると先生も早く決めてくださるのです。
あとは入院の日を待つばかりです
posted by EMI at 11:53| Comment(1) | おかげさんで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

膝のこと

考えたら膝が痛くなりだしたのは10年くらい前からだと思いますが、その頃に一度入院したのですが結果わからなくて体重が減ればよくなるぐらいに考えてなくて入院中に5キロ減り、退院してからの節制で5キロ減り結果10キロ減っておさまりました。
先日ある方に聞いたらその頃からヒアルロン酸とかのサブリメントを飲んでいれば手術に至らなかったのかもしれませんがその時は入院で休養したから治ったとお思っていたので気楽に過ごしておりました。

それからは五郎兵衛の入院やら、襲名やらで忙しくしており忘れておりました。
五郎兵衛が亡くなって2年間程はなんとなく過ごしていたのですが、一昨年位から左足が痛くなりだし整形に通うようになりました。この頃からではサブリメントはもう遅いそうです。
昨年6月には痛くなかった方の足がひどく痛みだしました、こうなるともう何をしても効かなくなりました。

それで友人の紹介で大阪のS病院へ行くことにしました。
posted by EMI at 09:33| Comment(1) | おかげさんで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

久しぶりで書くブログです

寒中お見舞い申し上げます。
しばらくパソコンを触らなかったので、探り探り書いてますので頼りないことですがふらふらです。
これからまじめにかきますので、よろしくお願いいたします。
昨年は色々ありましたが、一番大きなことは膝関節の取り替え手術です1ヶ月の入院は長いようでしたがあっと言う間でしたこの間のことはまた次回に書かせていただきますが、今日は手始めでやっとここまで書くのに30分もかかりました。
posted by EMI at 08:12| Comment(1) | おかげさんで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

CD『生涯未完成』

もう新聞その他でご存知の方もいらっしゃると思いますが、この度、五郎兵衛のCD『生涯未完成』を、自主制作いたしました。

CD『生涯未完成』.jpg


このCDには、過去に出たCDには未収録の作品で、昭和50年録音の滑稽噺「皿屋敷」と、遺作となった、平成18年録音の創作人情噺「蘇生の息子」の2本が収録されています。
「皿屋敷」は脂が乗り切っている頃の録音で出囃子もまだ「かじや」、解説を書いてくださった豊竹英大夫さんをして「絶品」と言わしめたものです。
「蘇生の息子」は、やり始めた初期のものなので、まだ発展途上にあった作品ですが、五郎兵衛が自分で創作した最初で最後の福音落語(神方人情噺)です。福音落語と言っても、知らずに聞けば普通の人情噺で、晩年のじっくりした語り口の噺です。

定価1500円(送料1枚200円)です。
お申し込みは、五郎兵衛事務所(TEL 090-3269-9627)へどうぞexclamation×2

因みに、取扱店は今のところ2店舗だけで、大阪・日本橋のレコード店〔大十〕さん(TEL 06-6633-3864)と、ゴスペルショップ〔オアシス梅田店〕さん(TEL 06-6344-3948)です。
posted by EMI at 23:54| Comment(2) | CD・DVD・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

もみじ寄席無事に終わりました

もみじ寄席の記事も書かないでお礼だけで申し訳無いのですが、しばらくパソコンさんのご機嫌が悪く書けなかったのです。
今日は大変ご機嫌がいいようですわーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)ですので余りいらんことを書かないでもみじ寄席の御礼だけにします。
来て頂いたお客様有難うございました、感謝致します私も楽しい一日を過ごさせていただきましたグッド(上向き矢印)るんるん
posted by EMI at 09:23| Comment(0) | おかげさんで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

おかげさんですこしほっとしました

娘のききょうが、又病気です。
昨年11月19日に東京で、骨折。それがやっと何とか元気になったと思ったら、また7月17日に乳癌の手術をしました。
お陰さまで24日に退院して当人はとても元気にしておりますが、まだまだこれから大変だと思います。

私は何だか子供の頃より、母の身体が弱かったので看病と言うほどでもないのですが家事の手伝い子供の出来る事といったらそんなことだと思いますが、結婚してからはしばらく主人が元気だったので遠のきましたが。
子供が弱かったので(リュウーマチ)これが一段落したら主人の祖母、祖母の妹のおばあさん、姑、次に来たのが主人何だかずっと病気の看病をしてきたような気がします。
私はその間、何度も病気で入院したり手術をしたりしているのですが、何故か看病は出来るのです。
看病している時はとても元気です、それに向いているのかもしれませんね。
余り嬉しい事ではないのですが、神様が与えてくださった仕事なのかもしれません。
ともあれ暑さにも負けず元気にしております。今年はちょっとした企画をしておりましてもうすぐご報告できると思います。
お楽しみにわーい(嬉しい顔)
posted by EMI at 08:09| Comment(2) | おかげさんで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。